スポンサーリンク
靴作り

アッパー、ライニング縫製の続き ※アッパーの裁断、漉き作業②

前回の失敗… 前回失敗してしまった片方のカカト部分の縫い付け 叩きすぎか、縫い幅が狭すぎたせいか、カカト部分が裂けてしまいました。まだ分解してませんが、いつか検証しようと思ってます。 前回、絶望の作業終了でした ア...
手持ちの革靴たち

MIYAGI KOGYO “FUJIBANA” (宮城興業 フジバナ)

何故こうもメイドインジャパンの革靴を推すのか… インポート革靴もそれなりに履いてきましたし、持ってもいます。以前、履き心地についての記事でも力強く語ったように、しつこいようですが、やはり一番にはカカトのフィッティング。 ...
革靴雑記

ALDENブームはスニーカーブームの再来?

はじめに… オールデンは良い革靴だと思っています。大げさかもしれませんが、それを前提に、勇気を出して(?)今回の記事を執筆してまいります。 オールデン好きな誰かを傷つけたいとか、更には攻撃しようなんて意図はありませんが、一部閲...
手持ちの革靴たち

RAYMAR(レイマー)

靴好きの間で今も話題のレイマーです いわゆる低価格路線の本格革靴として、『靴好きの間で』脚光を浴びてました!今も変わらずですね。 レイマー兄弟 見た目は高級紳士靴のそれ 極々簡単に紹介すると、レイマーは、静岡県焼津市に本...
靴作り

アッパーの縫製作業(家庭用ミシン)

作業再開 先週の失敗により作業が滞ってましたが、潔くハンドミシンを諦め、家庭用ミシンで縫製作業に挑むこととしました! 先週でいうところの「②家庭用ミシンをカスタム?する」です。カスタムと言っても、今回の追加投資は皮革用のミシン...
革靴雑記

Brift H と靴磨き革命

盛り上がってますよね。靴磨き業界。 先日、NHKのプロフェッショナルにBrift Hの長谷川さんが出演されるなど、注目度は益々あがっているようです。番組内では「革命が起きている」と言ってました。靴磨きの歴史からすると、まさにその通り...
手持ちの革靴たち

Florsheim Imperial “Kenmoor” (フローシャイムインペリアル ケンムール)

3足目の紹介は、フローシャイムインペリアルのケンムール。発音によって?ケンムーアとも表記されることもあります。 いわゆるヴィンテージ革靴と言われる部類になりますが、私自身、ヴィンテージ革靴には全く詳しくありませんので、悪しからずです...
靴作り

立ち止まる…

久しぶりの「靴作り」再開! これが本職です!とばかりに、平日は如何にアッパーを縫い合わせていくか、ということばかり考えていました。 まず、靴作りに不可欠な腕ミシンがありません。そもそもこれまで生きてきてミシンを触ったことがある...
手持ちの革靴たち

Trading Post “TP1984” (トレーディングポスト プレステージライン)

書き溜めしていた革靴雑記を放出していきます。前回に続く手持ち靴の第二弾は、トレーディングポストオリジナル、プレステージライン「TP1984」 超がつくほどの正統派です こちらの靴は、2018年4月にトレーディングポスト福岡店で...
手持ちの革靴たち

Crockett & Jones “BLENHEIM” (クロケットアンドジョーンズ ブレナム)

今週末は体調不良のため、靴作りは残念ながら中止。まだ体温調節がうまくいってないのか、ちょっと動くと変な汗がでてます。こんな状態で刃物を持つのは危険ですよね…。今は翌週以降の作業のため、資材を物色しているところです。 サラリーマンの私...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました