『革靴のすヽめ』私の革靴趣味も無駄ではないと信じて…

ブランド、モデルよりもカタチから入る

靴を買うとき…モデル狙いで、ロブのシティⅡ、グリーンのチェルシー!はたまたオールデンチャッカが欲しい!なんて方は数多くいらっしゃると思います。要は雑誌に載ってる有名なヤツが欲しい、みたいな動機付け。

それに対し今回は、購入動機として靴のシルエットや色カタチから入ってみるのはどうだろう?と、提唱したいと思っています。

例えば、茶のクォーターブローグが欲しいと思ったら、自分に合うそれを探していくようなイメージです。価格だってピンキリですし、中には妥協もあると思います。でも、きっと選択肢は増えますよね?

そうして選んだ買い物は…憧れのブランド一択!な買い物よりも、次はこの靴を!という謎のモチベーションが保てまます笑

同時に、せっかく無理して買ったのに…という挫折や失望も低減できる、のかもしれません!

素人目で好きなだけで、大して革靴に詳しくない私ですが、私の革靴趣味を通じて…同じように見える(見えてしまう)革靴の大雑把な特徴というか特色を感じていただけたら。

革靴に詳しい方からの共感というより、革靴に興味のない人にとっての発見が少しでもあれば嬉しいです!

また、靴の見た目に重きを置いてのテーマですので、履き心地に関しては別の記事をご覧ください。

履き心地について
靴作りにあたって、目指す履き心地についてインスタグラムで過去に書いてた記事の焼き直しにもなりますが、靴作りの目標として記録したいと思います。それとどうしても、カカトのフィット感について、グダグダ語りたかった笑

靴のカタチ、つま先から…

上から見ると一目瞭然なところ、トゥの形状ですよね。つま先が丸っこいのから順に「ラウンド」「セミスクエア」「スクエア」が代表的。紳士靴売り場にあるのは、大抵その3種。「チゼル」はスクエアの派生で、上から見ればスクエアそのもの。

私はクラシックなスタイルが好きなので、断然「ラウンド」がタイプです。同時に「スクエア」は苦手でして…「セミスクエア」はギリ許容範囲といった感じ。私が靴を選ぶとき「スクエアトゥでないこと」が大前提になってしまいます。

左下のみセミスクエアで、あとはラウンド 差はあれど、どれも丸いですね

スクエアトゥにもいい靴はあると思うのですが、どうしてもつま先トンガリ系の靴をイメージしてしまって、うわーって(!?)なってしまいます。ヤンキーに見える。それとあの長い捨て寸はピエロのイメージも。親指が倍長いとか?(答えは空洞のはず笑)と思ってしまうのは、私の偏見です。そういった考えがクラシックなスタイルが好きになった理由なのかも。

脱線しますが、尊敬するナンシー関氏も引用していた「日本人の9割はヤンキーとファンシーでできている」(出典不明)という有名な言葉があります。私は地方のヤンキー文化に触れてきたせいか、身嗜みからヤンキー色を極力排除したいと思っています。ヤンキーとファンシーの対極にいたい。靴で言うなら、ラウンドトゥがヤンキーやファンシーの対極かと思われます。

若い頃、愛読書でした

トゥの形状が決まれば…

キャップやブローグの有無になります。ここにも譲れないポイントが。それはプレーントゥが苦手ということ。多分これは少数派。宗教なら異端。プレーントゥが革靴のスタンダードであることは、誰もが認めるところ。私は自分の趣味のせいで、靴の選択肢が非常に狭くなってしまってます。今後変わっていくことがあるだろうか。。。

プレーントゥは一足しか経験してないので偉そうなこと言えませんが、つま先が飾り気なくて寂しくないですか?私はキャップかブローグがないと寂しくて履く気が失せてしまうんです。

つま先部分には何かしらの意匠が欲しい

靴好きの方ならご同意いただけると思うのですが、履いている時こそ、自分の足もとに何度も目が行きますよね?チラ見してしまう。

※歩いてる時のチラ見はほどほどに。周囲と周囲の人の目を気にしましょう笑

プレーントゥの時は明らかにテンションが上がらなかった…。こちらが足もとを見ても靴側からの返事がないというか、下手すりゃ無視されてるような気分になるという…すっかり病気のようです笑

気を取り直して、羽根について

手持ちの12足の革靴を集計すると、内羽根5足、外羽根5足(ダブルモンクとサイドエラスティックはノーカウント)。同数ながら、好きなのはどちらかというと内羽根です。

40過ぎても、未だにスーツ着て革靴履いてるサラリーマンスタイルに憧れています。妙な言い方ですが「サラリーマン然としていたい」みたいな。なので内羽根履くと気が引き締まります!外羽根履くと逆に気が緩みます。

※それでも内も外も同数である理由は、後述します。

オフでも革靴を履きたい方には、カジュアルな外羽根の靴をオンオフ兼用するのがオススメです!

なお、革靴を購入する際「この靴は許されるのか?」と、いつも葛藤します。とりあえず内羽根なら許されるだろうなんて答えで葛藤を打ち消してるのも、私が内羽根を好きな理由の一つかもしれません。

意匠と羽根の関係

ストレートチップなら内羽根(と思っている)…1番フォーマルなスタイルと言われるストレートチップに外羽根?と「英国紳士の当たり前」とやらに洗脳されているだけです笑

内羽根のストレートチップとクォーターブローグ(右)

クォーターブローグ、セミブローグは内・外どちらでもOK(と思ってます)…程よい飾り気のため、ある意味で汎用性の高い意匠といえるのではないでしょうか?

フルブローグなら外羽根(がかっこいい)…内羽根のフルブローグ、履いていましたが、不思議な感じ。カジュアルなのかフォーマルなのか、よく分からなくなって以降は敬遠しています。

外羽根フルブローグ各色 同じように見えて微妙に違うカタチ、全然違うメーカー

以上、勝手な主張でした。

以前履いていた内羽根フルブローグ。さらにセミスクエアに近いトゥ

ちなみにオールデンのコードヴァンにフルパワーでワックスをかけた時の画像です。アッパーぬるっぬるですね。きれいだなぁ。。。

紹介し忘れていたセミブローグ

靴紐、靴紐の通し方もそれぞれ…

どんどん程度が低くなっていくマイルールですが、ここにも勝手な拘りがあります。一足だけ例外がありますが、基本的には…

内羽根の革靴には平紐、通しは「パラレル

平紐パラレル 中央、右は紗乃織靴紐

外羽根の革靴には丸紐、通しは「オーバーラップ

外羽根オーバーラップ 全て紗乃織靴紐

平紐の方がカチッとしますよね。丸紐はかわいい印象。紐は紗乃織靴紐(さのはたくつひも)を多く愛用しています。ろう分が強めでなかなか解けません。この靴紐を使っていれば「ベルルッティ結び」は不要です(たぶん)。

ただし、平紐を選択される際は注意が必要。普段(ほかの紐)と比べて、靴の着脱が数倍困難に。朝が弱い私は、夜のうちに紐を緩めて準備してます笑

VSドレスコード

靴のスタイルの数だけ個人の好みがありますが、やはり最後は所属する会社や団体のドレスコードに左右されてしまいますよね。黒靴だけなんて会社もあったりなかったり。

私は靴の振り幅なんて知れてると開き直ってるタイプです。ドレスコード、破りやすいんでは?

クールビズが当たり前になった最近では、夏のワイシャツほどカオスなジャンルはないんじゃないか?って持論のもと、革靴なんてのは、よっぽど遊んでいても問題なかろう!と楽観しています。

余談ですが、街中に溢れるワイシャツ。生地の柄がどうこうではなく、ボタンの色、ボタンホール等のステッチ、襟のよくわからない切り返し(それも黒だったり)、すごいことになってますよね。これこそが私の苦手な「ヤンキー」文化です。

私のドレスコード(は、変わっていく)

どんどん広げていきたいと思っています。革靴に興味を持ってすぐは「ダブルモンク」も「サイドエラスティック」も無理だと思っていました。あんなの履けない!と。それが履けるようになったのも、いろんな靴に触れることができたからだと思っています。特定ブランドの特定モデル狙いで革靴を狙っていた頃よりも視野が広がりました!

記事が長くなり過ぎて、今回は革靴の色には触れていませんが、次はネイビーの革靴を履いてみたいというのが、個人的なドレスコードチャレンジになりそうです。

変化を楽しみに…

それでもなお、克服できていないスタイル、今はまだNGと思っているスタイルがあります。

このNGは一般的にどうこうではありません。嫌いというわけでもなく…この記事に触れていただいた方で「あ、逆にこのスタイルありなんだ!」と思ってくれる方が一人でもおられたら嬉しいです。

さて、まずはモカ

パラブーツのシャンボードやウエストンのゴルフが思い出されます。どちらも銘品ですよね!粒揃いのスタイル。それ自体かっこいいと思っているのですが、私の場合どうしてもレッドウィングのアイリッシュセッターを思い出してしまいます。それとラッセルモカシン。どちらも履いたことがあるからなんですが…そのカタチでスーツと合わせるの!?との疑問が拭えないでいます。

ん?まてよ?書きながら、ふと…

私が住んでいる地方都市において、スーツにシャンボードを合わせて…かっこよく履きこなしている方を見たことないってだけなのでは?今度スーツの時に試着してみようかな。。。

そして、ローファー

これまたスーツに合わせるというより、ジーンズだったりジャケパンスタイルには良いのかな?と。私の場合どうしても(2回目)、学生服を思い出してしまいます。スーツには今はちょっと…。

別のところで、という考えですが「タッセルローファーが似合うオトナになりたい」とは思ってます!

ドレスコードはあっても、当たり前はない

会社や私個人のドレスコードのほかにも、冠婚葬祭で最低限求められるドレスコードなんていうのもありますよね。

さすがにお葬式のドレスコードはこの先も変わる気配ないように思えますが、最近は結婚式のドレスコードなんてあってないようなものではないでしょうか?(と、楽しそうに二次会に行く若者たちに目を細める)

そんな中、革靴の沼にハマっていくと、たまーに、たまーにですけど…ちょっと受け入れがたいというか、ムカっとする発言にも触れてしまいます。

たまに…靴選びの邪魔をする人

「革靴の本場欧州ではスーツスタイルにユーチップを合わせてる人なんていない。恥ずかしい!」や「オールデンが人気なのは日本だけ!」だなんて言ってしまうような人のことです。

聞き飽きた論法でもありますが、楽しく盛り上がってるのにいちいち水を差すようなね。どんな世界にもいるんですけど、人が楽しんでるのが許せない人?マウント取りたいだけの人?愛されたことがない人?

何らかの満足感を得ようとしているのは理解できますが、まったく共感できません。

どんなに凄い靴履いていても、どんなに革靴に詳しくても尊敬できません。革靴のことを好きなわけではないんでしょう。相手にしてはいけません!皆さんも気になさらないようにしましょうね笑

自分がいいと思って履いていればなんでも良いんだと思います。靴好きってそういうもんですよね?

以上、私の趣味と、それに反するものを通じて

趣味を語りだしたら文章が長くなってしまいましたが、振れ幅の少ない革靴の中で、多少なりとも違いがあることが分かっていただけたでしょうか?好きなことばかり書いてきましたが、これから革靴にチャレンジしようと思っている方々の選択肢が少しでも広がるきっかけになったら幸いです。

靴の色や、ノーズの長さ、素材、ソールetc、ほかにも書きたいことがあったのですが、長くなりすぎたので今回はこのへんで。駄文ですみません。

※革靴入門者の方向けに、キーワードにリンクを貼ることも予定してますが時期は未定です。いったんのところは分からないワードがあればググってみられることをお勧めいたします。最後までぐだぐだで申し訳ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました